セイスイ工業株式会社

用語集

GLOSSARY

水処理機械・装置に関する用語

スクリューデカンタ型遠心分離機 すくりゅーでかんたがたえんしんぶんりき

スクリューデカンタ型遠心分離機は、回転容器内に組み込まれたスクリューコンベヤを使用して、固体と液体の連続分離を行う装置です。主にスラリー状態や懸濁液中の固形分と液体の分離に利用されます。この機械は円筒形の容器が中央に配置され、周囲を螺旋状に回転するスクリューによって操作されます。スクリューの回転によりスラリーが容器内で循環し、遠心力によって固体分が容器の壁に押し付けられます。押し付けられた固体分はスクリューによって上方に移動し、固体分のみが回収できます。この機械は全自動で連続的に運転され、かつ操作が容易です。供給液の濃度変動が性能に与える影響が少なく、高い脱水度を達成できる他、大容量でありながらも設備スペースを節約できるという特長があります。

一方で、分離された液体は容器の一端から排出されます。この装置は大量のスラリーを効率的に処理するため、固体分の回収率や分離精度が高く、多岐にわたる産業で幅広く活用されています。

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽に ご相談ください!

簡単な質問のみでも、 どのようなことでもご連絡ください。 お困り事を解決していく お手伝いをいたします。ご相談ください!

どう処理したらいいかわからない...

そんなときも、 セイスイです。

数々の経験から、 最適な処理方法をご提案します。

水処理のコンサルティング&プランニングが できるのはセイスイだけ。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

提案する男性
提案する女性