セイスイ工業株式会社

仮設水処理とは

ABOUT

セイスイ工業は仮設水処理のプロフェッショナル集団です。仮設水処理は工場や土木工事現場、下水処理場、発電所など様々なシーンで「産廃コスト削減・操業効率向上・地域環境保全」を実現します。今、お客様が抱えている「排水処理」「汚泥処理」「土木泥水処理」などの課題は、バキューム処理など高額なコストがかかる従来の方法ではなく、セイスイ工業の仮設水処理で解決できるのです。 そんなセイスイ工業の仮設水処理のメリットをご紹介します。

仮設水処理の必要性と メリット・デメリット
廃棄物量を劇的に削減、 コストダウン!
短期間での 水処理が可能!
臨時の状況にも 対応可能!
設水処理の 導入事例

仮設水処理の必要性とメリット・デメリット

仮設水処理とは

仮設水処理とは、工場排水や土木工事現場で発生する汚水を、現場で水と固形物に分離することです。仮設と名付けられる通り、現場で目的となる処理を行う設備を一時的に設置し、処理が終わった後に撤去される期間限定の設備です。

例えば車が故障して修理に時間が掛かる時にわざわざ車を買う人は少なくレンタカーを借りる場合が多いと思います。仮設水処理システムもレンタカーと同じで処理用途に合わせたプラントの組み合わせ(システム)を必要な時に必要な期間だけご利用いただけます。

そのため、必ずしもその設備を購入する必要はなく、レンタルで対応できれば導入コストの削減ができます。

Q どんな時に仮設水処理が必要なの?

常設の水処理工場の設置が難しい時、水処理の機械を導入予定だが設置に時間がかかってしまう時、災害時、汚泥による水質悪化の対策をしたい時、高濃度の汚泥が処理しきれなくなった時、バキューム車での処理では汚泥処理が追い付かなくなってしまった時、等々、一時的な汚泥処理・排水処理の対応に適している水処理システムが「仮設水処理システム」です。

仮設水処理システム

現場での水処理の重要性

工事現場や、災害現場では常に汚泥が出続けていたり、緊急性の高い状況が続いていたりします。

そんな時に、そのまま汚泥を河川へ排出することはできません。「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令」という法律が定められており、不純物や汚泥の程度の基準値が定められており、それを下回るきれいにされた処理水でないと放出はできないのです。

また、排出された汚泥をそのまま産業廃棄物として処理する場合でも、処分場へ移送を行う必要があります。そうすると、汚泥が処理されるまでの時間、待ちの時間が発生し、工程が中断されてしまうのです。

そんな時に、活躍するのが水処理です。中でも弊社の仮設水処理システムは、限られた場所で設置が可能で連続した水処理が可能です。そのため、汚泥が出続けていたり緊急性が高い状況がつづいていたりする場合には、仮設水処理を用いることが適しているでしょう。

具体的な導入メリット

コストの削減

  • 汚泥の廃棄物量を1/10程度まで削減できるため、処理コスト6割削も実現可能。

  • 時間1,000tを超える様々な排水処理に対応。処理量が大きいほどメリットが大きい!

  • プール2杯分のCO²削減が可能で、環境にやさしい

短期間での水処理が可能

  • お問い合わせから最短1週間以内で納入!24時間運転にも対応し、最速でトラブル解決。

  • 現場での連続した水処理により、全体工期短縮に貢献。

臨時の状況に対する柔軟性

  • 工場を止めることなく水処理が可能。緊急の代替処理や設備更新時に活躍

  • 水処理設備の槽内(タンク内)での危険作業が不要!

仮設水処理のデメリット

  • 企業が使用する状況に合わせた設備を導入する必要がある。すべての汚泥が同一の機械で対応できるわけではない。

  • レンタル機器となるので、台数に限りがある。 使用状況に対応した仮設水処理システムの種類と必要台数を考えることが大切。

  • 上記を加味して、仮設水処理システムの導入・運用計画を立てる必要がある。

ただし、セイスイ工業株式会社が提供するサービスでは...

すべてのデメリット要素を完全カバー!

お問い合わせ内容から、最適な仮設水処理のプラントの提案から現場への迅速な設置・運用・撤去まで“まるごと”おまかせ!! スクリューデカンタ式遠心分離機(遠心分離機型の脱水機)を80台以上も自社保有しており、工場・上下水処理場・発電所・製油所等、全国各地にレンタルを行っています。

設水処理のメリット①廃棄物量を劇的に削減、 コストダウン!

廃棄物量を劇的に削減、コストダウン!

セイスイ工業の提案する仮設水処理システムは、排水や汚泥が発生する「現場」に水処理プラントを設置し、バキュームカーにより搬出を行うことなく、「現地で」「連続的に」水処理を行えます。これにより、排水を水と固形物に逐次分離し、本来廃棄すべきだった廃棄物量を大幅に削減することができます。もちろん、分離した水はそのまま河川に放流できる水質になります。

この仮設水処理の方法はまだまだ知られていません。セイスイ工業はこれまで全国で2600現場以上の経験を積んだ仮設水処理のプロフェッショナルです。あらゆる分野・業種で、仮設水処理はお客様のビジネスをさらなる成功(課題解決・コスト削減・利益創出)に貢献します。

仮設水処理プラントによる廃棄物量の削減例

仮設水処理プラントによる廃棄物量の削減例
廃棄物量の比較

「有機汚泥」を遠心分離機によって脱水する利点

今までバキューム車等により廃棄されていた汚泥には、水分が含まれており、脱水する事により水と固形物に分離する事で廃棄物量を減らす事が可能です。

「有機汚泥」を遠心分離機によって脱水する利点

有機汚泥とは

下水処理場や食品工場など、有機汚濁された排水を処理する施設・設備で主に発生。廃棄物処理法ができた当時の施行通知によると、代表的な有機汚泥として「有機性汚泥の代表的なものとしては、活性汚泥法による処理後の汚泥、パルブ廃液から生ずる汚泥、その他動植物性原料を使用する各種製造業の廃水処理後に生ずる汚泥(令第二条第四号に掲げる産業廃棄物に該当するものを除く。)、ビルピット汚泥(し尿を含むものを除く。)」が挙げられている。

「無機汚泥」を遠心分離機によって脱水する利点

今までバキューム車等により廃棄されていた汚泥には、水分が含まれており、脱水する事により水と固形物に分離する事で廃棄物量を減らす事が可能です。

「無機汚泥」を遠心分離機によって脱水する利点

無機汚泥とは

土木工事現場や金属工場等、砂や金属成分等を多く含む排水を処理する施設・設備で主に発生。同じく廃棄物処理法の施行通知では、代表的な無機汚泥として「赤泥、けい藻土かす、炭酸カルシウムかす、廃白土、浄水場の沈でん池より生ずる汚泥」が挙げられている。

効率的な運用による経済的節約

汚泥の処理方法には、さまざまな方法があります。
そもそもの産業廃棄物として捨てる量を水処理システムにて大幅に減少させることは、費用の節約に大きく影響を与えます。 また、連続的な水処理を行うことで、すべての汚泥をバキューム車で運搬するよりも、効率的に処理を行うことができます。最終的にバキューム車を使用して、産業廃棄物を運搬する必要はありますが、それぞれの方法での必要経費を比較した際に、下記の表のように、費用に大きな差が出ることがわかります。

鋼矢板100枚を昼間施工した場合の経済性の比較例

バキューム車のみで汚泥処理を行った場合

1,284万円

仮設水処理を使って汚泥処理を行った場合

868万円

差額415万円

仮設水処理を使用した場合のほうが、差額分費用が安くなることがわかります。

仮設水処理で汚泥を処理した場合

項目仕様数量単位単価金額
設置 機材運搬費15t車1.0060,00060,000
設置 労務費世話役1.0024,20024,200
電工1.0024,20024,200
設備機械工4.0021,80087,200
普通作業員3.0020,20060,600
設置 クレーン作業費ラフテレーンクレーン25t 吊り オペレータ付き1.5050,30075,450
材料費水道料金130.0064283,460
高分子凝集剤125.00kg860107,500
電気料金3600.00kw17.0661,416
建設廃棄物・処分費建設汚泥(泥水)180.0018,0003,240,000
建設廃棄物・運搬費10t コンテナ車23.0070,0001,610,000
大型バキューム車4.00130,000520,000
保守点検費設備機械工14.0021,800305,200
普通作業員7.0020,200141,400
撤去 機材運搬費15t車1.0060,00060,000
撤去 労務費世話役1.0024,20024,200
電工1.0024,20024,200
設備機械工2.0021,80043,600
普通作業員2.0020,20040,400
撤去 クレーンラフテレーンクレーン25t 吊り オペレータ付き1.5050,30075,450
機械損料 遠心分離機HS-500MW14.00157,3002,202,200
機械損料 薬品溶解装置時間1m3タイプ14.0010,890152,460
合計9,023,136

大型バキューム車(10t車)で運搬した場合

項目仕様数量単位単価金額
建設廃棄物・処分費建設汚泥(泥水)375.0018,0006,750,000
建設廃棄物収集・運搬費大型バキューム車 10t 車45.00130,0005,850,000
材料費水道料金373.00642240,750
合計12,840,750

保守コストの削減

セイスイ工業が提供する仮設水処理システムは、水処理機械をレンタルできるので、水処理機械を自社で保有・設置するよりも、保守コストを削減できます。
必要な時に必要な期間だけレンタルすることで、コストが削減できます。

説水処理のメリット②短期間での水処理が可能!

短期間での水処理が可能!

セイスイ工業は、現場での連続した水処理により、全体工期短縮に貢献します。
また、お問い合わせから最短1週間以内で納入が可能となっております。24時間運転にも対応し、最速でトラブル解決をするために、お客様のご要望に合わせて、SVをセイスイ工業より派遣し指導いたします。
SVの派遣は期間や人数により金額が変動いたします。現地確認や打ち合わせ時に、お気軽にご相談ください。

SV(スーパーバイザー)とは

機器の設置方法から装置、水処理における知識を有しており、現場における監督や管理などを行う人材です。

SV(スーパーバイザー)

仮設水処理のメリット③臨時の状況にも対応可能!

臨時の状況にも対応可能!

水処理機材を自社でメンテナンスできるセイスイ工業

水処理設備のトラブルはいつ何時発生するかわかりません。そうしたお客様の「おこまりごと」を解決するため、セイスイ工業では脱水機など仮設水処理プラントの核となる機材をすべて自社で保有・完璧にメンテナンスしています。特にレンタル用の高性能脱水機の保有台数は日本一です。
こうした整備体制を整えているため、ご相談から最短一週間以内で、仮設水処理プラントを稼働させることができます。現地にはセイスイ工業の社員が伺い稼働から運用までをすべてケアしますので、お客様の貴重な社員のお手を煩わすこともありません。

レンタル用の脱水機を80台以上保有

レンタル用の脱水機

四季を問わず全国で仮設水処理プラントを迅速に稼働

セイスイ工業はこれまで、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地で2600現場以上の実績があります。本社は千葉ですが、今日も社員は日本全国にちらばり、毎年平均して40現場以上で仮設水処理プラントを設置させています。

場所だけでなく、様々な過酷な環境での水処理にも実績があります。北海道のある漁港ではマイナス15度の厳冬期に大規模な仮設水処理を成功させました。また、重金属や油分を含んだ汚泥の水処理や、放射能を含んだ土壌の除染処理など、特殊な水処理の経験と実績も豊富です。 私たちはお客様のご相談があれば全国どこへでも飛んでいきます。排水処理・汚泥処理・土木泥水処理など、とにかく「水処理に困った!」時はまずセイスイ工業にご相談下さい。きっと「こんな方法があったのか!」とご納得いただけるはずです。

スピーディーな対応によるオペレーションの向上

お客様のご要望に合わせて、SVをセイスイ工業より派遣し指導いたします。
処理期間中に万が一トラブルが発生した場合は、速やかにSVが対応いたしますので安心してご利用いただけます。

セイスイ工業に貴社の課題解決をお任せください!

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

ご相談・無料お見積り
セイスイ工業株式会社 外観

セイスイの実績力!同様の対応事例が多くございます。

対応事例をもっと見る
どう処理したらいいかわからない...

数々の経験から、最適な処理方法をご提案します。

そんなときも、セイスイです。

水処理のコンサルティング&プランニングは セイスイにお任せ!

提案する男性
提案する女性

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽にご相談ください!

簡単な質問のみでも、どのようなことでもご連絡ください。お困り事を解決していくお手伝いをいたします。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

ご相談・無料お見積り