設備担当者が知るべき水処理に関する単語集

水処理の現場で使用される専門用語をまとめています。設備ご担当者の間では良く使用される単語を取り上げているので、特に異動したての方や入社したての方の業界に関する勉強の用途でお使いいただければと思います。また、業界内で最新の単語もピックアップしますので、情報収集にもお使いください。

汚泥

汚泥とは、排水処理を行う過程で発生する固形物のことを言います。汚泥はスラッジと呼ばれることもあります。排水処理を行う過程で必ず出てくるのですが、この汚泥は溜まってくると排水処理設備からの引き抜きを行い産廃として処理することになります。この時、汚泥には多量の水分が含まれています。そこで、産廃コストを抑えるために脱水機や遠心分離機などを活用して汚泥の含水率を下げることで産廃コストを大幅に削減することができます。