設備担当者が知るべき水処理に関する単語集

水処理の現場で使用される専門用語をまとめています。設備ご担当者の間では良く使用される単語を取り上げているので、特に異動したての方や入社したての方の業界に関する勉強の用途でお使いいただければと思います。また、業界内で最新の単語もピックアップしますので、情報収集にもお使いください。

フィルター

フィルターとは、水などに含まれる不純物などの物質を、ろ過することで分ける装置のことです。水処理においても、フィルターは採用されており、粗ろ過などの比較的粗目のろ過から、精密ろ過などの微細なろ過まで幅広く活用されています。そのフィルターの形状は様々で、ポリプロピレン製の不織布などを袋形状にした「バッグフィルター」や、ポリプロピレン製やコットン製などの糸をコアに巻き付けた「糸巻きフィルター」など、様々なタイプのフィルターが存在します。またフィルターの材質(ろ材)を変えることで、幅広い用途に対応しています。フィルターを用いたろ過のメリットとして、交換の容易さやランニングコストの安さなどが挙げられます。