セイスイ工業株式会社

用語集

GLOSSARY

汚泥処理に関する用語

活性汚泥法 かっせいおでいほう

活性汚泥法とは、廃水中の有機物を好気性微生物の働きによって分解し、浄化する廃水処理方法です。このプロセスは、好気性処理の一形態であり、都市下水処理施設や産業廃水処理プラントで広く採用されています。活性汚泥法の中には、標準活性汚泥法、循環式活性汚泥法、回文式活性汚泥法(SBR)、膜分離活性汚泥法等、様々な方法が存在します。

活性汚泥法のプロセスは、まず廃水を曝気槽に導入し、好気性微生物を含む活性汚泥と混合します。曝気槽では、曝気装置を用いて微生物が有機物を分解するために必要な酸素を供給し、有機物を二酸化炭素と水に分解することでエネルギーを得ます。
曝気槽での処理後、混合液は沈殿槽に移され、微生物と固形物が沈殿します。上澄みの清澄な処理水は、最終的に自然環境に放流されるか、さらなる再利用のために処理されます。一方、沈殿した汚泥の一部は再び曝気槽に返送され、新たに導入される廃水と混ぜられます。この循環によって、微生物の濃度を高め、効率的な有機物分解を維持します。

活性汚泥法は、その高い処理効率と安定性から、好気性処理の中でも特に有効です。この方法は、有機物の分解速度が速く、大量の廃水を効率的に処理できます。また、処理後の水質が良好で再利用に適し、悪臭が少ないため都市部でも運用可能です。
しかし、活性汚泥法は酸素供給にエネルギーを消費するため、運転コストが高くなります。微生物の活性を維持するための適切な管理も重要です。総じて、活性汚泥法は廃水処理の中でも高い処理能力と良好な水質を提供する有効な方法ですが、エネルギー消費と運用管理に注意が必要です。


各活性汚泥法の違い

  • 一般的な活性汚泥法

特徴:廃水中の有機物を好気性微生物によって分解する基本的な方法。

プロセス:曝気槽で有機物を分解し、沈殿槽で固液分離を行う。

利点:広く利用されている技術で、多様な廃水条件に対応可能。

違い:設計や運用条件が施設ごとに異なるため、処理性能にばらつきがある。

  • 標準活性汚泥法

特徴:活性汚泥法の中で設計と運用が標準化された方法。

プロセス:連続フローで廃水を処理し、曝気槽と沈殿槽を使用する。

利点:高い処理効率と安定した水質が得られる。

違い:設計と運用が標準化されている点が特徴。

  • 循環式活性汚泥法

特徴:廃水と活性汚泥を循環させ、処理効率を高める方法。

プロセス:曝気槽から二次沈殿槽に移行した活性汚泥を再び曝気槽に戻す。

利点:微生物の濃度を高く維持し、効率的な有機物分解を促進。

違い:微生物の循環プロセスを強調し、処理効率を高める点が特徴。

  • 回分式活性汚泥法

特徴:処理タンク内で廃水と活性汚泥を交互に供給・放流するバッチ処理方式。

プロセス:充填、反応、沈殿、排出、待機のステージを繰り返す。

利点:柔軟な運用が可能で、ピーク負荷や流入量の変動に対応しやすい。設備コストが抑えられることがある。

違い:連続処理ではなく、サイクルごとに処理を行う点が他の方法と異なる。

  • 膜分離活性汚泥法

特徴:活性汚泥と廃水を膜で物理的に分離し、微細な汚染物質も除去する技術。

プロセス:活性汚泥と廃水を接触させる際に膜を使用し、ろ過を行う。

利点:処理水の品質が高く、再利用がしやすい。コンパクトな設計が可能。

違い:膜を使用して固液分離を行う点が他の方法と異なる。

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽に ご相談ください!

簡単な質問のみでも、 どのようなことでもご連絡ください。 お困り事を解決していく お手伝いをいたします。ご相談ください!

どう処理したらいいかわからない...

そんなときも、 セイスイです。

数々の経験から、 最適な処理方法をご提案します。

水処理のコンサルティング&プランニングが できるのはセイスイだけ。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

提案する男性
提案する女性