セイスイ工業株式会社

用語集

GLOSSARY

土木工事技術

鋼管矢板工事 こうかんやいたこうじ

鋼管矢板工法は、土木建築工事において使用される工法の一つで、特に地盤の補強や水の抑制が必要な場合に適用されます。この工法では、鋼製の矢板を地中に打ち込んで不透水の壁を形成し、地盤の浸透を防ぐことが主な目的です。鋼管矢板の特徴としては、大きな支持力と曲げ剛性・設計の自由度が大きい・止水壁の構築も可能・優れた施工性等が挙げられます。

大径の鋼管を使用することで、鋼矢板では得られない大きな支持力と曲げ剛性が得られます。また、外径、板厚の選択肢が多いため、経済的な設計ができ、矢板壁と基礎杭との兼用ができます。そのため、矢板壁の法線が折れ線や曲線であっても、継手の取付け位置を変えることで、容易に対応可能です。

鋼管矢板工法は、鋼管を地中に配置し、それを充填材やセメントで補強することで土壌の強度を向上させ、水の浸透を制御します。これにより、地下構造物の安定性や地盤の保護が図られます。地盤の改良や水の制御が求められる様々なプロジェクトにおいて使用される工法の一つです。

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽に ご相談ください!

簡単な質問のみでも、 どのようなことでもご連絡ください。 お困り事を解決していく お手伝いをいたします。ご相談ください!

どう処理したらいいかわからない...

そんなときも、 セイスイです。

数々の経験から、 最適な処理方法をご提案します。

水処理のコンサルティング&プランニングが できるのはセイスイだけ。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

提案する男性
提案する女性