セイスイ工業株式会社

用語集

GLOSSARY

水処理に関する用語

ORP(Oxidation Reduction Potential:酸化還元電位) さんかかんげんでんい

ORP(Oxidation-Reduction Potential:酸化還元電位)は、水溶液における電子の移動度合いを示しており、水溶液中の酸化と還元の指標です。単位はmV(ミリボルト)で表され、値が高いほど酸化力が強く還元力が弱いことを意味します。

上水および排水処理過程において、凝集・消毒・廃水処理・生物処理などの効率はORP値によって大きく左右されるため、様々な場面でORP値の管理が重要視されています。例えば凝集沈殿法によるSS(懸濁固形物)除去では、最適ORP域を100-300mV程度を維持することで凝集効率が最大化します。また、活性汚泥法などの生物学的廃水処理においても、ORP値を一定範囲にコントロールすることで分解能力が向上します。このように、処理目的に応じた適正ORP範囲を維持管理することが望まれます。

ORPはBOD(生物化学的酸素要求量)やCOD(化学的酸素要求量)等に比べ迅速な測定が可能であり、リアルタイムでのモニタリング指標として有用性が高いです。特に活性汚泥法等の生物学的排水処理において、ORP値の変動を監視することで処理状態を判断できます。

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽に ご相談ください!

簡単な質問のみでも、 どのようなことでもご連絡ください。 お困り事を解決していく お手伝いをいたします。ご相談ください!

どう処理したらいいかわからない...

そんなときも、 セイスイです。

数々の経験から、 最適な処理方法をご提案します。

水処理のコンサルティング&プランニングが できるのはセイスイだけ。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

提案する男性
提案する女性