セイスイ工業株式会社

用語集

GLOSSARY

水処理に関する用語

COD(Chemical Oxygen Demand:化学的酸素要求量) かがくてきさんそようきゅうりょう

COD(Chemical Oxygen Demand:化学的酸素要求量)とは、水中の有機物や無機物が化学的に酸化分解するのに必要な酸素量(酸素要求量)を示す水質汚濁の指標です。つまり、排水に含まれる有機物をすべて酸化分解するのに必要な酸素量がCOD値です。排水のCODが高い場合、河川等に流出することで水中酸素が枯渇し水質汚濁を引き起こすリスクがあります。

CODは有機物の量を間接的に示す数値であることから、水質や排水の汚染度評価に広く用いられております。CODはBOD(生化学的酸素要求量)と並ぶ重要指標であり、水質管理上の最も重要な項目の一つです。測定速度が速く高精度で反応性に富むため、リアルタイム監視にも適しています。法規制に基づく排水の許容COD濃度が定められており、COD除去による排水処理装置の性能評価にも用いられています。

工場排水をはじめとする環境排水では、法令に基づくCOD規制値の遵守が求められています。高度処理技術の排出水では10ppm以下も実用化されつつあり、より環境負荷の少ない次世代型水処理技術が期待されています。

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽に ご相談ください!

簡単な質問のみでも、 どのようなことでもご連絡ください。 お困り事を解決していく お手伝いをいたします。ご相談ください!

どう処理したらいいかわからない...

そんなときも、 セイスイです。

数々の経験から、 最適な処理方法をご提案します。

水処理のコンサルティング&プランニングが できるのはセイスイだけ。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

提案する男性
提案する女性