セイスイ工業株式会社

用語集

GLOSSARY

土木工事技術

推進工事 すいしんこうじ

推進工事は、推進シールド機やマイクロトンネルボーリングマシン(MTBM)などの機械を用いて、地中を掘削しながら管や構造物を設置するトンネリング(シールド)工法を指します。これらの機械は地下で作業を行い、具体的な工事としては以下のようなものが該当します。

・下水道管やガス管、水道管などのライフラインを地中に敷設する工事

・通信ケーブルを収容する多目的トンネルの施工

・道路の下をくぐる箱型函渠の推進工事 など

推進工事の特徴は、開削工事に比べて周辺地盤への影響が少なく、施工性に優れています。これらの機械は、推進しながら地中を掘削し、同時に設置物を配置していくことで、迅速かつ効率的な工事が可能となります。

近年では、都市部での管路更新工事などにおいて、推進工事が広く採用されています。その理由は、市街地での作業や既存のインフラとの調和が求められる場面で、推進工法が適しているためです。

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽に ご相談ください!

簡単な質問のみでも、 どのようなことでもご連絡ください。 お困り事を解決していく お手伝いをいたします。ご相談ください!

どう処理したらいいかわからない...

そんなときも、 セイスイです。

数々の経験から、 最適な処理方法をご提案します。

水処理のコンサルティング&プランニングが できるのはセイスイだけ。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

提案する男性
提案する女性