セイスイ工業株式会社

用語集

GLOSSARY

汚泥に関する用語

無機汚泥 むきおでい

無機汚泥とは、工場排水や鉱業廃水などの処理過程で発生する、無機物を主成分とする汚泥の総称です。土木工事現場や金属工場等、砂や金属成分等を多く含む排水を処理する施設・設備で主に発生します。重金属などの有害物質を含有することが多いのが特徴です。

廃棄物処理法の施行通知では、代表的な無機汚泥として「赤泥、けい藻土かす、炭酸カルシウムかす、廃白土、浄水場の沈でん池より生ずる汚泥」が挙げられています。

 

代表的な無機汚泥としては、メッキ工場や表面処理工場で発生する金属含有汚泥、陶磁器やガラス工場の汚泥、石炭化学工業由来の汚泥などがあります。これらは鉄、アルミニウム、マンガンなどの重金属を相当含有するのが普通です。

無機汚泥に含まれる重金属は溶出しやすく、土壌や地下水の汚染を引き起こす可能性が高いです。適切な前処理や安定化処理が必要不可欠であり、含水率の低減や化学変化の抑制が重要視されます。

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽に ご相談ください!

簡単な質問のみでも、 どのようなことでもご連絡ください。 お困り事を解決していく お手伝いをいたします。ご相談ください!

どう処理したらいいかわからない...

そんなときも、 セイスイです。

数々の経験から、 最適な処理方法をご提案します。

水処理のコンサルティング&プランニングが できるのはセイスイだけ。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

提案する男性
提案する女性