セイスイ工業株式会社

用語集

GLOSSARY

汚泥処理に関する用語

長時間曝気法(EAP:Extended Aeration Process) ちょうじかんばっきほう

長時間曝気法は、廃水処理における活性汚泥法の一種であり、長時間にわたって曝気することにより、有機物の分解と安定化を促進します。この方法は、処理プロセスの安定性と効果的な汚泥減量が求められる施設で広く採用されています。

  • 長時間曝気法のプロセス

長時間曝気法の基本的なプロセスは、以下の通りです。まず、廃水が曝気槽に導入され、ここで好気性微生物と混合されます。曝気槽内では、曝気装置を用いて酸素を供給し、微生物が有機物を二酸化炭素と水に分解します。この曝気段階が通常よりも長く設定されており、24時間以上にわたることもあります。この延長された曝気時間により、微生物は有機物を効率的に分解し、汚泥の安定化が進行します。

処理後の混合液は、二次沈殿槽に移され、微生物と固形物が沈殿します。上澄みの清澄な処理水は放流されるか、再利用のためにさらに処理されます。一方、沈殿した汚泥の一部は再び曝気槽に返送され、新たに導入される廃水と混合されます。これにより、微生物の濃度を高く維持し、効率的な有機物分解が継続されます。

  • 長時間曝気法の利点と課題

長時間曝気法の主な利点は、汚泥生成量の削減と高い処理安定性です。延長された曝気時間により、汚泥がより完全に分解され、最終的な汚泥の量が減少します。これにより、汚泥処理コストの削減が可能です。また、長時間の曝気により、処理プロセスが安定し、季節や負荷変動に対する適応力が向上します。さらに、処理後の水質が良好で、再利用や放流に適しています。

しかし、長時間曝気法にはいくつかの課題もあります。最も顕著なのは高いエネルギー消費です。曝気装置を長時間稼働させるため、運転コストが増加します。また、システムの設計と運用には専門的な知識が必要であり、適切な管理が求められます。管理が不十分だと処理効率が低下する可能性があります。

  • 結論

長時間曝気法は、廃水処理において有機物の効果的な分解と汚泥の安定化を実現するための信頼性の高い技術です。高いエネルギー消費と運転コストの課題はありますが、その処理安定性と汚泥削減効果により、多くの廃水処理施設で採用されています。適切な管理と運用により、長時間曝気法は持続可能な廃水処理ソリューションとして重要な役割を果たします。

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽に ご相談ください!

簡単な質問のみでも、 どのようなことでもご連絡ください。 お困り事を解決していく お手伝いをいたします。ご相談ください!

どう処理したらいいかわからない...

そんなときも、 セイスイです。

数々の経験から、 最適な処理方法をご提案します。

水処理のコンサルティング&プランニングが できるのはセイスイだけ。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

提案する男性
提案する女性