セイスイ工業株式会社

用語集

GLOSSARY

汚泥処理に関する用語

A2/O法(Anaerobic Anoxic Oxic法、嫌気・無酸素・好気法) けんき・むさんそ・こうきほう

A2/O法は、廃水処理において有機物と栄養塩(特に窒素とリン)を効果的に除去するためのプロセスです。この方法は、都市下水や産業廃水の処理に広く採用されており、高い処理効率を実現します。

  • A2/O法のプロセス

A2/O法は、嫌気槽(Anaerobic)、無酸素槽(Anoxic)、好気槽(Oxic)の三つの主要なステージから構成されています。各ステージで異なる微生物が活動し、廃水中の有機物、窒素、リンを効果的に除去します。

  • 嫌気槽

まず、廃水は嫌気槽に導入され、酸素が存在しない環境で嫌気性微生物が有機物を分解します。この段階では、リンの放出が促進され、後続のステージでの除去が容易になります。嫌気性条件下での分解により、BOD(生物化学的酸素要求量)も一部減少します。

  • 無酸素槽

次に、廃水は無酸素槽に移されます。この槽では、酸素は存在しませんが、硝酸塩(NO3-)が存在します。無酸素条件下で、脱窒菌が硝酸塩を窒素ガス(N2)に変換し、窒素を除去します。このプロセスは脱窒と呼ばれ、窒素の効果的な除去に寄与します。

  • 好気槽

最後に、廃水は好気槽に送られ、曝気装置を用いて酸素が供給されます。好気性微生物が活発に活動し、有機物を完全に分解します。また、硝化菌がアンモニア(NH4+)を硝酸塩に変換します。この段階で、リンも好気性微生物によって吸収され、処理水は清澄化されます。

  • 利点と課題

A2/O法の主な利点は、窒素とリンの両方を効果的に除去できる点です。これにより、排水の水質が向上し、環境保護に大きく寄与します。また、各ステージで異なる微生物が役割を果たすため、高い処理効率を実現します。プロセスが比較的安定しており、適切な運用管理によって安定した処理性能を維持できます。

一方、A2/O法にはいくつかの課題もあります。特に、各ステージの運用管理には高度な技術が求められます。嫌気槽、無酸素槽、好気槽の環境条件(温度、pH、酸素濃度など)を厳密に管理しなければ、微生物の活動が低下し、処理効率が落ちる可能性があります。また、好気槽での曝気装置の使用により、エネルギー消費が増加し、運転コストが高くなることも課題です。

  • 結論

A2/O法(嫌気・無酸素・好気法)は、廃水処理において有機物と栄養塩を効果的に除去するための高度な技術です。三つの異なる環境条件を利用して微生物の活動を最適化し、高い処理効率と安定した水質を実現します。運用管理の難しさやエネルギーコストの課題はありますが、その環境保護への貢献度から、多くの廃水処理施設で広く採用されています。

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽に ご相談ください!

簡単な質問のみでも、 どのようなことでもご連絡ください。 お困り事を解決していく お手伝いをいたします。ご相談ください!

どう処理したらいいかわからない...

そんなときも、 セイスイです。

数々の経験から、 最適な処理方法をご提案します。

水処理のコンサルティング&プランニングが できるのはセイスイだけ。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

提案する男性
提案する女性