セイスイ工業株式会社

コラム

COLUMN

下水道ストックマネジメントと仮設下水処理プラント

仮設下水処理プラントの写真

下水道ストックマネジメントとは?

下水道ストックマネジメントとは、下水道事業におけるストックマネジメントであり、下水道事業の役割を踏まえ、持続可能な下水道事業の実現を目的に、明確な目標を定め、膨大な施設の状況を客観的に把握、評価し、長期的な施設の状態を予測しながら、下水道施設を計画的かつ効率的に管理することをいいます。

下水道施設は、一度建設すると長期間使用されるため、老朽化が進んでいます。国土交通省の調査によると、2022年末における全国の下水道管渠の総延長は約49万km。標準耐用年数50年を経過した管渠の延長約3万km(総延長の約6%)が、10年後は約9万km(約18%)、20年後は約20万km(約40%)となっており、今後も老朽化は加速していく見通しです。

また、約2,200箇所ある下水処理場でも、機械・電気設備の標準耐用年数15年を経過した施設が約2,000箇所(全体の90%)と老朽化が進行しています。持続的な下水道機能確保のため、計画的な維持管理・改築事業の実施が必要です。

施設の管理延長表の画像

処理機の年度別併用箇所の画像

下水道施設老朽化による問題点

  • 下水道の機能が低下し、浸水や汚水漏れのリスクが高まる
  • 下水道の維持管理費用が増加する
  • 市民の生活や経済活動に支障をきたす

下水道ストックマネジメントを実施することで、これらの問題を未然に防ぎ、持続可能な下水道事業を実現することができます。

下水道ストックマネジメントの具体的な取り組み

具体的な取り組みは以下の通りです。

  • 下水道施設の点検、調査の実施
  • 劣化予測モデルの開発
  • ライフサイクルコストの評価
  • 保全対策の優先順位付け
  • 保全計画の策定、実施

国土交通省では、下水道ストックマネジメントの推進に向け、ガイドラインの策定や支援制度の実施などを行っています。

下水道ストックマネジメントにおける仮設水処理プラント

下水道施設の更新や改築には、多額の費用がかかります。仮設水処理プラントをレンタルして設置することで、下水道施設の更新や改築、保守点検やメンテナンスのタイミングを調整し、コストの削減を図ることができます。

さらに、仮設水処理施設は、下水道施設の老朽化や故障によるリスクを軽減し、持続可能な下水道サービスの提供を実現するために不可欠です。今後、下水道施設の老朽化が進むにつれて、仮設水処理施設の重要性はますます高まっていくと考えられます。

仮設下水処理プラントの具体例

仮設水処理プラントが利用される具体例です。

中小規模の下水道施設の老朽化対策

中小規模の下水道施設は、大規模な下水道施設に比べて、老朽化や故障によるリスクが高くなっています。仮設下水処理プラントをレンタルし、既設の設備を停止することなく保守点検やメンテナンスすることで、リスクを軽減し、下水道サービスの継続的な提供を可能にすることができます。

下水道施設の更新や改築に伴う工期の短縮

下水道施設の更新や改築には、工期が数年かかる場合があります。仮設下水処理プラントをレンタルすることで、工期を短縮し、早期に下水道サービスを再開することができます。

災害時の下水道機能の維持

災害時には、下水道施設が被災し、機能が停止する可能性があります。仮設下水処理をレンタルすることで、災害時の下水道機能を維持し、住民の生活や環境を守ることができます。

[事例]仮設下水処理プラント

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽にご相談ください!

簡単な質問のみでも、どのようなことでもご連絡ください。お困り事を解決していくお手伝いをいたします。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

ご相談・無料お見積り