事業内容
仮設消化槽浚渫プラント

消化槽の取り壊し、
槽内の攪拌機等の機材の更新時、
槽内の補修等により消化槽内の汚泥浚渫が必要になった際、
従来のバキューム車による引抜きに代わる工法です。

仮設消化槽浚渫プラントの使用効果

浚渫した汚泥の産廃量を削減し、バキューム車による処理に比べ費用を削減することが可能。
また、特殊ポンプによる浚渫を行い、基本的に消化槽内に人が入らない為、安全対策の面も良い(浚渫用ポンプで引き抜けない水位になった際は槽内に人が入る必要あり)。

簡易処理フロー(脱水機無しパターン)

下記の詳細処理フローに関しましてはお問い合わせ下さい。資料等、お送りいたします。

脱水機有り

脱水機無し

仮設消化槽浚渫プラントの使用事例

下水処理場における消化槽浚渫汚泥処理事例
消化槽の改修工事の際に、他社浚渫工法に変わる工法でコスト削減。し渣・砂の除去 し渣・砂を取り除くことにより、既設脱水機の負荷を下げて処理を行うことが使用可能。
事例詳細を見る
下水道排水(廃水)処理・消化槽撤去現場
消化槽内堆積汚泥を仮設脱水機により、約1/10まで減容化
事例詳細を見る

仮設水処理プラント導入をお考えの方へ

セイスイ工業に
いますぐ ご相談ください。