設備担当者が知るべき水処理に関する単語集

水処理の現場で使用される専門用語をまとめています。設備ご担当者の間では良く使用される単語を取り上げているので、特に異動したての方や入社したての方の業界に関する勉強の用途でお使いいただければと思います。また、業界内で最新の単語もピックアップしますので、情報収集にもお使いください。

中水

中水とは、上水として一度利用され、下水となった水を再処理し再利用する水のことです。中水は、飲料用には用いることが出来ず、一般的にトイレの洗浄や、冷却水など、人体に触れることがない用途にて使用されます。中水の設備を設けるメリットとして、水道水の使用量を減らすことができる点、排水量を減らすことが出来る点、防災用水確保が出来る点が挙げられます。また、中水は上水ほどの厳しい基準はありませんが、見た目や臭いが気にならないレベルまでには、処理を行う必要があります。一方で、中水施設の設置は、管路網や中水道設置のコストを考慮すると、小規模施設においてはコストパフォーマンスに優れません。そのため、大規模施設で採用される傾向にありますが、広く普及しているとは言えない状況にあります。