セイスイ工業株式会社

用語集

GLOSSARY

技法・工程に関する用語

膜ろ過 まくろか

膜ろ過(まくろか)は、現代の水処理技術の中でも特に注目される技術です。この技術は、微細な孔を持つ膜を利用して水中の不純物を効果的に分離・除去する方法で、飲料水の浄化、産業用水処理、廃水再利用、海水淡水化など、幅広い用途で使用されています。

  • 膜ろ過の種類

逆浸透膜(RO膜)、ナノフィルター(NF膜)、超ろ過膜(UF膜)、ミクロフィルター(MF膜)などの種類があります。膜ろ過は、家庭用の浄水器から産業用の大規模な水処理施設まで、幅広い用途で利用されています。

逆浸透膜(RO膜):海水淡水化や飲料水製造に広く使用され、塩分や溶解性の不純物を効果的に除去します。

ナノフィルター(NF膜):小さな有機分子やイオンを除去し、水の軟化や特定の有機物の除去に適しています。

超ろ過膜(UF膜):微粒子や細菌を効果的に除去し、飲料水や工業用水の処理に使用されます。

ミクロフィルター(MF膜):大きな粒子や細菌を除去するため、前処理や一時的なろ過に適しています。

  • 膜ろ過のメリット

高精度のろ過:膜ろ過技術は微細な孔を持つ膜を使用するため、ウイルスや細菌、微粒子、溶解性の有機物、イオンなどの不純物を高い精度で除去できます。

環境に優しい水処理:化学薬品を使用せずに水を処理するため、エコフレンドリーな方法として持続可能性が高く、環境負荷が少ないです。

多用途性:飲料水の浄化、産業用の高品質水の供給、廃水処理、海水の淡水化など、多岐にわたる用途に対応できます。

省スペース:コンパクトな設備で高効率な水処理が可能であり、設置場所を選ばずに導入できるのも大きな利点です。

膜ろ過技術は、浄水場、工業用水処理施設、食品・飲料産業、医療機関、製薬業界など、多岐にわたる分野で使用されています。また、持続可能な水資源管理のために、都市の廃水再利用プロジェクトや農業用水の再利用にも重要な役割を果たしています。従来の砂ろ過や化学処理に比べて、高いろ過精度と効率を誇り、現在の水処理分野において欠かせない技術となっています。特に、水資源の限られる地域や高品質な水が求められる産業において、膜ろ過の需要は今後ますます高まると予想されています。

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽に ご相談ください!

簡単な質問のみでも、 どのようなことでもご連絡ください。 お困り事を解決していく お手伝いをいたします。ご相談ください!

どう処理したらいいかわからない...

そんなときも、 セイスイです。

数々の経験から、 最適な処理方法をご提案します。

水処理のコンサルティング&プランニングが できるのはセイスイだけ。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

提案する男性
提案する女性