事業内容
仮設脱水機<浚渫汚泥処理>

大規模な浚渫では脱水機としてフィルタープレスが使用される場合が多いですが、設置組立調整には10~15日間必要です。しかし、遠心分離機の設置では、処理量によっては設置当日からの処理が可能です。

設置スペースが確保できないケースでは、10t車による車上処理も行った実績があります。中規模の浚渫、もしくは設置場所の移動が多い場合などでは、工期短縮に効果があります。

小規模河川、調節池などにも多くの実績があり、濁水処理まで一貫して対応することができ、適正な処理、放流が可能です。

また、油分や有害物の泥水を処理することができます。なお、ろ布などのろ材をもたない構造のため、有機質が多い汚泥を処理することが可能です。
そのためろ布などの消耗品の発生がありません。

浚渫分野(土木)での主な導入実績

漁港の堆積ヘドロ除去/河川浚渫/ため池浚渫/池の堆積汚泥除去/沼、河川浚渫 等

現場例

弊社の浚渫分野(土木)では、国内最大級の浚渫現場から、小中規模の浚渫まで様々な現場での実績があります。

大規模浚渫現場:漁港浚渫現場

こちらの漁港現場では、1時間当たりの処理量が800㎥という現地で分級する工事として国内最大規模の浚渫工事でした。

現場全景
仮設脱水機 9台
仮設脱水機 9台
脱水固体
脱水固体
放流水
放流水

小中規模浚渫現場:河川の浚渫現場

河川浚渫状況
河川浚渫状況
振動フルイで砂分除去
振動フルイで砂分除去
脱水固体(含水率 約59%)
脱水固体(含水率 約59%)
放流水
放流水

小中規模浚渫現場:沼の浚渫現場

処理対象現場
処理対象現場
ゴミネットを利用した汚泥吸引
ゴミネットを利用した汚泥吸引
遠心分離機
遠心分離機
分離固体
分離固体

小中規模浚渫現場:池の浚渫現場

処理対象現場
処理対象現場
汚泥受け入れ
汚泥受け入れ
分離固体
分離固体
分離水
分離水

浚渫汚泥処理

詳しくはこちら

シールド・推進

詳しくはこちら

地中連続壁

詳しくはこちら

石油・温泉ボーリング

詳しくはこちら

杭・矢板打ち込み
(ウォータージェット工法)

詳しくはこちら

場所打杭工法
(リバースサーキュレーション)

詳しくはこちら