セイスイ工業株式会社

用語集

GLOSSARY

汚泥処理に関する用語

セメント原料化 せめんとげんりょうか

セメント原料化とは、廃棄物や副産物をセメント製造に再資源化する取り組みを指します。このプロセスでは、例えば都市ごみ焼却灰や汚泥発生土、石炭灰、鉄鋼スラグなどの様々な廃棄物が、セメントクリンカーの原料として再利用される可能性があります。ただし、これらの廃棄物がセメントの主成分と同等である必要はなく、製造プロセスや製品品質への影響が詳細に調査・調整されることが一般的です。

セメント原料化には複数のメリットがあります。廃棄物を再資源化することにより、廃棄物の処分量を減少させ、同時に有用な資源として再利用します。また、セメント製造においては、主原料の採掘や輸送に伴う環境負荷を軽減でき、これが省資源化に寄与します。さらに、セメント原料化は製造コストの削減や温室効果ガスの排出削減にも繋がります。このように、セメント原料化は環境への影響を軽減しつつ、資源効率を向上させるための有望なアプローチとされています。

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽に ご相談ください!

簡単な質問のみでも、 どのようなことでもご連絡ください。 お困り事を解決していく お手伝いをいたします。ご相談ください!

どう処理したらいいかわからない...

そんなときも、 セイスイです。

数々の経験から、 最適な処理方法をご提案します。

水処理のコンサルティング&プランニングが できるのはセイスイだけ。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

提案する男性
提案する女性