事例
RESULTS

浄化センターにおける脱水機更新時事例

既設脱水機の更新時に代替機として
使用することで汚泥処理費用を削減

下水汚泥を仮設脱水機により約1/14まで廃棄物を減容化

処理前 → 処理後    
汚泥濃度約1.2% → 約17%(含水率 約83%)
既設設備ベルトプレス

現場状況

浄化センター内で、脱水機の更新の際に、代替となる仮設水処理が必要になりました。

脱水機を更新する際に4ヶ月ほど使用できなくなるため、その間の処理を仮設の脱水機(遠心分離機)にて行いました。(写真1)

またこの現場では、お客様からの依頼で仮設の防臭対策が必要となり、他社で仮設の防臭対策も行なっております。(写真2)

下水汚泥をそのまま廃棄してしまう方法に比べ、汚泥の発生現場で仮設水処理を行う事で、この現場の廃棄物の量は14分の1になりました。

原水濃度は、12,000㎎/ℓでした。(写真3)

使用した遠心分離機は、HS-500MWです。下水汚泥の性質とこの機械能力から、1時間当たり10㎥で脱水処理を行いました。(写真4)

脱水ケーキ(分離された固形物)の含水率は83%です。(写真5)

一方、処理水(分離された水)の回収率は95%以上となりました。(写真6)

セイスイ工業の仮設脱水プラントを導入したことにより、既設脱水機を更新する際の汚泥処理費用を従来のバキューム処理と比べ大幅に削減することができました。

仮設水処理プラント導入をお考えの方へ

セイスイ工業に
いますぐ ご相談ください。