事例
RESULTS

油分を含んだ排水(廃水)処理 製油所 タンククリーニング時

油分を含んだ排水(廃水)処理 製油所内 タンククリーニング時の脱水処理

油分を含んだ汚泥を仮設脱水機により、約1/5まで減容化。

処理前 → 処理後
汚泥量14,000㎥ → 2,800㎥
汚泥濃度約10% → 約48%(含水率 約52%)

廃棄汚泥の削減により、従来のバキューム処理に比べ、

約1/4.2    

処理費用削減  

※バキューム処理  バキュームカーにて、現地汚泥を移送し廃棄する方法。

【バキューム処理 概算費用】

処理汚泥量 14,000㎥ × 50,000円(運搬処分含む)

= 汚泥産廃処理費 約700,000,000円

【セイスイ処理 概算費用】

機材レンタル費 + 人件費 = 約25,000,000円
産廃処理費 2,800㎥(脱水ケーキ量) × 50,000円(産廃処理費・運搬費)

 = 汚泥産廃処理費 約140,000,000円
汚泥処理費合計 約165,000,000円

現場状況

製油所内タンククリーニングの保守点検の際に、残っている油分廃水を液状のまま廃棄すると、

油分排水の産業廃棄物費用が非常に高額で、1㎥当たり50,000円程度にかかる為、仮設遠心分離機を利用しました。(写真1)

使用した遠心分離機はHS-500MWという機械で、これを3台使用しました。(写真2)

廃水の性質とこの機械能力から、1時間当たり30㎥で製油所排水の脱水処理を行いました。

これを1日24時間稼働させ、1ヶ月半処理を行いました。

油分を含んだ原水(濃度10%)が以下の写真になります。(写真3)

原水は油分が多いため、ベントナイトを添加してから遠心分離機にて処理を行えるようにしています。(写真4)

また 脱水処理を行う際、フィルタープレスを使用する場合も多くありますが、今回のように油分を大量に含んだ排水は脱水ができません。

油分を含んだ排水をそのまま廃棄してしまう方法に比べ、排水の発生現地で仮設脱水処理を行うことで、この現場の廃棄物の量は5分の1になりました。

脱水されたケーキの含水率は約52%です。(写真5)

一方、処理水の回収率は99%以上と高い回収率となっています。(写真6)

遠心分離機を利用することで、連続運転(24h/日)が可能なだけではなく、短期間処理・省スペース設置を可能としました。

弊社では、処理実施までのご提案資料作成・現地確認・薬品テストなどを無料で行っております。お客様が納得できる処理方法をご提案するため、全国各地訪問させていただきます。

仮設水処理プラント導入をお考えの方へ

セイスイ工業に
いますぐ ご相談ください。