セイスイ工業株式会社

コラム

COLUMN

曝気システムはどうやって選ぶ?曝気システムの設計とその選択

曝気 システム 選択

水の浄化においては、曝気システムの設計と選定が極めて重要です。最適な曝気装置を選ぶ際には、その水の特性、必要な曝気の量、予算、そして運用コストを総合的に検討する必要があります。これによって、エネルギーの使用をできるだけ抑えながらも、効率的に水中に酸素を供給し、水質を改善することができるのです。

曝気装置の選定基準とは?適切な曝気装置の選び方とポイント

曝気装置を選定する際には、処理する汚泥・汚水の水質と処理量に適した能力を持つ装置を選ぶことが極めて重要です。それぞれの汚泥・汚水の水質や汚染度、そして処理する水の量に大きな差があり、同じ曝気装置がすべてに適応するわけではありません。

水質や汚染度が低い場合には、少ないエネルギーで広範囲にわたって効率よく曝気できる表面曝気装置が適しています。一方、かなり汚染された工場の排水などの場合には、より強力な酸素供給を可能とする微細気泡曝気装置が適しています。装置の能力が処理対象の水の状態に適していないと、望む水質改善効果を得ることができず、逆に問題を悪化させる恐れもあります。

さらに、曝気装置を選択する際には、装置の運用コストやメンテナンスのしやすさも重要です。曝気装置は多くの電力消費や定期的なメンテナンスが欠かせません。そのため、初期コストだけでなく、運用コストやメンテナンスの容易さも装置を選ぶ際の重要な判断基準となります。省エネ型の装置を選ぶことで、長期的な運用コストを削減できるほか、メンテナンス作業が容易な装置であれば、運用停止時間を減らすことが可能となります。これらの要素を総合的に考慮することが、水質改善と経済的な負担軽減に繋がるのです。

曝気効率を高める設計要素

曝気装置の選択と配置は、水処理システムにおける曝気効率を高めるために重要です。適切な装置の選択とその配置により、必要なだけの空気を効率よく送り込める上、エネルギーの消費量も抑えることができます。

例えば、細かい泡を作り出す微細気泡曝気の装置を池の深いところに設置すれば、酸素を広い範囲に渡って、より効果的に供給することができます。さらに、省エネルギー型の曝気装置をうまく設計することは、長期的な運用コストを削減する上で大変重要です。エネルギーを多く使う曝気プロセスの効率化は、コストを抑えて運営するための重要なポイントです。また、太陽光や風力といった再生可能なエネルギーを使って曝気装置を動かす方法もあり、さらに運用コストを下げることができます。これらの方法を取り入れることで、環境にも優しく、水質改善が期待できます。

高める イラスト

運用コストとメンテナンスの考慮

曝気システムを選ぶ際には、日々かかる運用コストとメンテナンスのしやすさが、とても大切な判断基準です。これは、始めにかかる費用だけでなく、長い目で見た時の経費や定期的な点検・修理のことを考えると、結局のところコストパフォーマンスに大きな影響を及ぼすためです。効率の良いシステムを選べば、運用にかかる出費を節約できますし、点検や修理が簡単なシステムならば、長く安定して使い続けることができます。

省エネ型の曝気装置を採用すれば、電気をあまり使わずに済むため、運用のコストを下げることができます。また、分解や組み立てがしやすい設計の装置を選べば、メンテナンスが手早く効率的に行え、その結果、装置が停止する時間を短くできます。このように、曝気システムを選ぶ時には、コストの面とメンテナンスのしやすさに注意を払い、長期にわたる運用を見据えた選び方が大切です。

曝気システムのメンテナンスに関するおすすめ事例!

曝気メンテナンスの事例紹介

こんなことできる?

どのくらいかかる?

まずはお気軽に ご相談ください!

簡単な質問のみでも、 どのようなことでもご連絡ください。 お困り事を解決していく お手伝いをいたします。ご相談ください!

どう処理したらいいかわからない...

そんなときも、 セイスイです。

数々の経験から、 最適な処理方法をご提案します。

水処理のコンサルティング&プランニングが できるのはセイスイだけ。

お急ぎの方は こちらから!

受付時間 9:00 〜 17:30 /土(隔週)・日・祝日除く

提案する男性
提案する女性