水処理のすべて
工事全体の流れ

仮設脱水プラントの設置~処理~撤去までの流れ

セイスイ工業が行った現場実績2,000以上の中でお客様に一番多くご利用いただいている仮設脱水プラントが、どのような流れで設置されて処理が行われていくのかをご説明します。

工事全体の流れ

作業員について

お客様のご要望に合わせてセイスイ工業より派遣し指導いたします。

パターン① 出来る限りお客様で作業を行われたい場合

セイスイ工業からSVを派遣し、SVによる指示の元で設置作業を行っていただきます。試運転終了後、運転マニュアルをお渡しいたしますのでお客様にて処理を行っていただきます。処理期間中に万が一トラブルが発生した場合は、速やかにSVが対応いたしますので安心してご利用いただけます。撤去作業についても設置作業と同様になります。

パターン② 処理だけをお客様で作業を行われたい場合

セイスイ工業からSVと作業員を派遣し設置作業と撤去作業を行います。試運転終了後、運転マニュアルをお渡しいたしますのでお客様にて処理を行っていただきます。処理期間中に万が一トラブルが発生した場合は、速やかにSVが対応いたしますので安心してご利用いただけます。

パターン③ セイスイ工業のSVが全ての作業を行う場合

お客様のお手を煩わせることなくセイスイ工業が責任をもって作業にあたります。

SV(スーパーバイザー)とは

機器の設置方法から装置、水処理における知識を有しており、現場における監督や管理などを行う人材です。

プラント設置フローは以下のタブを切り替えてご確認ください。

プラントの設置と撤去は通常5日間で行えます。

遠心分離機を1台設置する場合では、下記フロー図のようなイメージになります。
運転指導後は、現場に合わせた運転マニュアルを作成しお渡しいたします。
お客様の処理期間中に対する不安がなくなり「これなら大丈夫!」と思われるまで指導いたします。

濁水処理等は、現場の状況により追加する事も可能です。設置・撤去にかかる日数は、設置場所や追加する設備により異なります。

プラントの設置作業(工場などの仮設脱水プラント導入時)

トラックで必要な機材を搬入します。

ラフタークレーンを使い機材を荷下ろしします。荷下ろしの際も二度手間を避けるために配置図に合わせた位置に機材を設置していきます。遠心分離機は山留を組立てから設置する為、邪魔にならないところに仮置きします。

山留材を使い遠心分離機を載せる架台を組立てていきます。

架台を雨養生用のシートで覆ってから遠心分離機を載せます。

遠心分離機の固体搬出口に飛散防止用のシートを取り付けます。

処理期間中の作業の邪魔にならないように配慮しながら配管や配線をしていきます。

原泥を引き抜くためのポンプの設置と配管を行います。

プラントの試運転と調整

動作確認とリーフチェック

配管及び配線が完了したら水漏れや機器の動作に問題がないかを一つずつ確認します。

プラントの運転調整

実際に汚泥を処理しながら汚泥の処理量や脱水固体の含水率、薬品添加量を調整し、脱水固体の含水率が一番低い状態に調整します。

薬品自動溶解装置に高分子凝集剤を添加し脱水処理に使用する薬品をつくります。

脱水固体と処理水の状態を見ながら遠心分離機の回転数と薬注量を調整します。

脱水固体、処理水の状態と流量計を見ながらバルブを操作し処理量を調整します。

脱水固体の含水率と処理水の濁り具合を確認します。

プラントの運転指導(お客様が処理を行われる場合)

お客様に機器の操作を実際にしていただきながら操作方法をご説明します。また、お客様に合わせた運転マニュアルを作成しお渡しいたします。

汚泥脱水処理

処理期間中は、汚泥の含水率や処理水の水質を確認しながら処理を進めていきます。
お客様が処理を行う場合も、弊社で処理を行う場合も同様になります。
お客様が処理を行っている時に、含水率や処理水の水質が調整してもうまくいかない場合や何らかのトラブルが発生した場合は、弊社のSVが迅速にご対応いたします。

アームロールコンテナに脱水固体が一杯になったら搬出します。コンテナの回収と廃棄はお客様が依頼された業者が行うようになります。

処理水の水質が排水基準値以下である事を確認しながら排水します。

プラントの撤去

処理が完了したらお客様に状況をご確認していただき承諾を得てから撤去作業を開始します。
最初にホースやタンクに残っている汚泥を水通しを行い清掃します。
次に配線やホースの繋ぎを外していきトラックに積込みしやすいように巻いていきます。
一通り積み込みの準備が整ったら設置作業と同様にラフタークレーンを使いトラックに積み込んでいきます。

トラックの荷台スペースは限られているため、ホースなどはできるだけ水槽に収納しまとめます。

積み残しがないように整理しながら積み込んでいき搬出します。

機材を搬出した後は、プラントが設置してあった場所を清掃し元の状態になっている事を確認して工事完了となります。

プラントの設置と撤去は通常5日間で行えます。

工事の規模にもよりますが、遠心分離機を1台設置する場合では、フロー図のようなイメージになります。
セイスイ工業からはSVを派遣いたします。SVによる指導のもと、お客様の方で作業を行っていただきます。

1日の作業イメージ

遠心分離機の操作には、特別な知識は必要ありません。
プラントの運転や管理は、1~2人いれば可能です。

プラント運転中の確認ポイント <お客様で処理をされる場合>

プラントの運転中の確認ポイント

プラントの運転作業中の確認ポイント

脱水ケーキの搬出方法 <参考事例>

ダンプ直接排出

穴に直接排出

ベッセル受け+重機掻き出し

水槽受け+バキューム

仮設水処理プラント導入をお考えの方へ

セイスイ工業に
いますぐ ご相談ください。