事例
RESULTS

し尿処理場の余剰汚泥処理

長年の運転で徐々に汚泥濃度が高くなってしまい既設の脱水機では処理が間に合わず、このままでは水質が悪化してしまうので余剰汚泥の処理を出来る方法を探している。また、脱水した汚泥は既設の汚泥ストックヤードに貯留してほしい。

千葉県共同溝耐震補強工事(鋼矢板打込み工事)

土木泥水再生処理プラントを稼動させることにより、常時1時間当たり5㎥の泥水を再生することができました。また、泥水再生処理前の泥水と比較して約5分の1まで脱水減容化しています。従来の濁水処理設備による方法に比べ、沈殿待ち時間がありませんので施工ロスが改善出来ます。