事例
RESULTS

【事例53】工場排水 水質悪化対策

近年、水処理設備をお持ちの企業様から「水質が悪化して困っている」と、問合せを頂くことが多くなってきました。
理由は、生産量の増加にともない排水量が増えたために既設の水処理設備では対応しきれなくなったことや、長年の排水処理で徐々に増えてきた堆積汚泥が許容量の限界に達したため水質が保てなくなってきたことなどが挙げられます。
このことから、水質が悪化した時にすぐに対処すればするほど、正常な状態に戻るまでの期間は短くなり費用も最小限ですみますが、何もしないでいると悪化の一途を辿っていき、最悪の場合は工場の操業停止になる可能性もあります。

【事例48】工場内雨水受け槽の堆積汚泥移送工事

工場内で雨が降った際に雨水がそのまま排水処理設備に流れないように、一次沈殿槽として雨水受け槽を使用していた。雨水受け槽に堆積した汚泥を定期的に重機と人力で移送していたが、年々堆積汚泥が増えてきたため、槽内に入って引き抜くことができなくなった。堆積汚泥の増加により、後段の水処理設備に高濃度の汚泥が流れ込む恐れがあったため、早急に体積汚泥を移送してほしい。