採用情報
インタビュー
INTERVIEW

アットホームな雰囲気が気に入っています

事務関連職(入社4年目)

桑原さん

「先輩から‘うちの職場は雰囲気がいいよ’とすすめられて入社しました。実際入社してみると、確かにそのとおりで、とてもアットホームなこの雰囲気が気に入っています。」

そう話すのは、今年入社4年目の桑原さん。現在、社内でただ一人の女性社員だ。

セイスイ工業のオフィスは車を使わないと通勤が難しい場所にあるため、入社時に車を購入した(会社から月々の手当が出る)。社会人になって初めての会社、初めての車通勤となったが、今では運転は好きで、天気を気にせず通勤できるのが気に入っているそう。

通うのは千葉市の「ちばリサーチパーク」内のオフィス。緑に囲まれた新しいビルにある白を基調としたオフィスは、一人ひとりのスペースも広くゆったりと快適だ。

初めてのことにも挑戦して、
1つずつできるようになっていくのが自信に繋がっています

仕事は主に事務関連を担当・・・と言っても、その実際の内容は、一般事務から営業サポート、時には営業と、実に多岐にわたる。過去には、就活生が大勢集まった企業説明会でプレゼンを行ったこともある。
「以前は、大勢の前でプレゼンなんて本当に苦手で、私には無理だなと思っていたんです。でも、自分しかいなかったのでやるしかなくて・・・でも、いざやってみると、やったぞーっていう達成感があって、それが自信になりました。」

セイスイ工業では、主に内勤の桑原さんのような社員であっても、勉強のため現場に見学に行ったり、お客様のところに営業に行くこともある。一般的には事務スタッフは事務に徹する企業が多い中、セイスイ工業のようなケースは珍しいのではないだろうか。これが少数精鋭のセイスイ工業で働く醍醐味の1つと言えるだろう。

いろんな仕事を任せてもらえるが故、中には厳しい仕事や、苦手意識があって尻込みしてしまうような時もある。けれど、まずは1回やってみる大切さに気付いたと桑原さんは話す。

「セイスイ工業ではいろいろなことに挑戦する機会があるんです。初めてのことにも挑戦して、1つずつできるようになっていくのが自信に繋がっています。最初はやりたくないな、と思うようなことでも、挑戦することが大切だと実感しています。」

入社以来、そんな環境で過ごしていることで、忍耐強くなった自分自身に気付くのだという。

他に、仕事をしている中での嬉しい瞬間についても聞いてみた。

「自分が関わった案件が受注につながった時や、営業担当者から‘ありがとう、助かったよ’という言葉をもらえた時は、嬉しいです。やってよかったな、って思いますね。」「もちろん、へこむ日もありますけど、基本的に毎日が楽しいです。」 そう話す桑原さんの表情は実に晴れやかだ。