水処理の基礎知識
水処理の基礎知識(1)

そもそも水処理とはなんでしょうか? そして水処理は、どんな場面で、具体的にはどのような課題を解決してくれるのでしょうか。

水処理は不純物を取り除く作業

水処理とは、水の中に含まれている不純物を取り除く作業のことです。生活用水として利用する場合には、見た目が綺麗なだけでなく、健康を阻害するような不純物を取り除き、産業用の水は用途に合わせて処理することが求められます。また工場や土木工事現場など何らかの形で水を利用した後の排水については、汚染レベルなどに合わせて水処理を行うことが大切です。

利用した水を自然に帰す場合には、汚染の程度や放流先の基準に合わせて水処理を実施して、自然環境への負荷を考えた上で適切な対応が求められます。水は見た目が無色透明に見えていたとしても、何かが混入していることもあります。混入している不純物としては夾雑物・水生生物・有機物質・無機塩類・気体などです。

夾雑物とは、ゴミ・埃・粘土質・砂鉄などのことを指しており、水生生物は細菌や微生物などが考えられます。有機物質は藻類や樹木が微生物の働きで分解されたものや有機洗剤が自然界へ流されたもののことです。無機塩類は、カルシウムといった硬度成分や塩分、溶解鉄など、気体は二酸化炭素・酸素・硫化水素など、様々な物が水に溶けていることが考えられるので、安全に水を使用するためにも水処理は必須になります。

工場で使用した水は排水処理で河川に放流

特に工場などで使用した水については、排水処理装置を使用して水処理する必要があります。工場などで使った水は、様々な不純物が含まれていることが多いため、そのまま放流すると環境に良くない影響を与える可能性があります。

そのため、河川に放流する際には適切な排水処理を行うのが特徴です。排水処理を行うことで、環境を守り綺麗な河川を維持することにつながります。

水処理で再利用すればコスト削減

工場や土木工事現場などで汚水や泥水となった水を自然に帰す場合、水処理の工程を委託すると、多額の資金を必要とするケースがあります。しかし自社で水処理のシステムを導入し、反映させることで、コストを削減するきっかけになるのです。

工場や土木工事現場で、何らかの水処理システムを導入し、適切な形で水を自然に帰すことができるのであれば、コスト削減だけでなく、工程の手間も大きく省かれる結果に繋がるでしょう。水処理を適切に行うことで、排水や汚泥などについても、産廃費用を大きく削減し、事業の助けとなります。また水処理を行った水を現場で再利用していけば、水質改善の効果が期待できるだけでなく、水を利用するコストも大幅に削減することが可能です。

連続して水処理すれば施工性が向上

汚水や泥水を水処理する場合、水槽に汚水や泥水を溜めて自然に沈降させ上水を不純物が少ない水にするまで時間がかかることがあります。しかし水処理設備を導入し連続して水処理を行うことで、水に含まれている不純物の沈殿を待つことがないため、施工性を向上させることが可能です。

そのためにも、大量の汚水や泥水の水処理を行う必要がある場合には、現場に仮設の水処理システムを導入し、迅速に水処理を行うことが有効です。現場で連続して水処理を行い、施工性を向上させることができれば、工期を短縮するなどのメリットが生まれ、作業効率が向上します。

水処理によって環境保全の効果が期待

排水する際に水処理を行うことで、不純物の少ない水を放流することができ、環境への影響を抑えることができます。不純物が含まれている状態での放流は、地球環境への悪影響が懸念されますが、水処理によって環境保全の効果が期待できるので安心です。

特に工場などで使用された水に関しては、不純物が多く含まれており、環境への影響が心配されます。正しく水処理を行うことで、環境を守ることができるので、工場での水利用も安心して行うことができるでしょう。また産業廃棄物として処分される水を、水処理を行い再利用することで、経済性を向上させるだけでなく、地球環境への負荷を軽減する効果が期待できます。

仮設の水処理システムとは

仮設とは、現場で目的となる処理を行う設備を一時的に設置し、処理が終わった後に撤去される期間限定の設備です。例えば車が故障して修理に時間が掛かる時にわざわざ車を買う人は少なくレンタカーを借りる場合が多いと思います。仮設水処理システムもレンタカーと同じで処理用途に合わせたプラントの組み合わせを必要な時に必要な期間だけご利用頂けます。現場で水処理を行うことができるため、これまでバキュームカーで廃棄物を搬出していた場合と比較し、劇的なコスト削減につながります。

仮設水処理プラント導入をお考えの方へ

セイスイ工業に
いますぐ ご相談ください。