設備担当者が知るべき水処理に関する単語集

水処理の現場で使用される専門用語をまとめています。設備ご担当者の間では良く使用される単語を取り上げているので、特に異動したての方や入社したての方の業界に関する勉強の用途でお使いいただければと思います。また、業界内で最新の単語もピックアップしますので、情報収集にもお使いください。

硬水

硬水とは、ミネラル成分が多く含まれている水を差します。補足として、水1000mlに含まれているカルシウムやマグネシウムなどの、ミネラル成分の量を硬度と言います。硬水か軟水かという基準として、WHOでは硬度が120mg/l以下を軟水、120mg\l以上を硬水と定義しています。また、一般的に日本で見られる水は軟水で、水道水も軟水にするための調整がなされています。一方で、硬水は主に欧米で見られます。硬水の用途として、ミネラル分が多いことから、ダイエットや健康維持のために用いられます。一方で、デメリットとして、飲料水として飲む場合、おなかがゆるくなることや、前述のようにミネラル分を多く含むため、水垢になりやすいこと、洗剤などの泡立ちが悪いといった点が挙げられます。