よくあるご質問
Q&A

総合評価方式の入札や契約締結後に施工者が技術提案する「施工者希望型」ではNETISに登録された新技術の活用を提案した場合、加点の対象となります。国や地方自治体が発注元となる公共工事に際し、登録技術の活用を提案すると工事成績評定での加点の対象となります。また実際の使用結果が良好な場合はさらに加点されます。公共工事では総合評価方式の入札を採用する傾向が高まってきていますのでNETIS登録しておくことは入札に有利に働くと言えるかもしれません。国交省の入札では NETIS登録されている技術を使うことが義務になっています。