ご希望の資料を選択してください。

災害時排水処理システムのご紹介

水害・災害現場で汚泥を短期間で水と固形物に分離し、廃棄物の総量削減、有害物の不溶化、経済性の向上などを可能にした工法です。水害による含油排水処理で廃棄物量を10,000立米から67立米まで減容化し処理コストを80%削減した事例を収録。

「工事現場の泥水処理」に関する調査

約8割が「泥水処理に苦労」。汚泥や泥水、水処理に利用するバキュームカーに「費用が高い上、1回で処理できる量が少ない」など課題の声多数

「自治体の水害対策」に関するアンケート調査

自治体の水害対策「昨今相次ぐ水害を受け、災害時の排水処理への意識が高まっている」と自治体職員の 85.5% が回答

「脱水・水処理」に関する実態調査

「し渣除去の課題」経験者の47% が「産廃処理費用が高い」と回答。脱水・水処理の効率化には「スムーズに分別できる機材・システム」が必要。

下水処理場業務における課題調査

下水処理場における課題を調査<br /> 処理能力の低さを実感する自治体職員の約半数が「水質悪化」や「廃棄物量の増加」を懸念

汚染土壌処理の課題に関する調査

自治体職員の約6割、汚染土壌処理に関して「課題あり」<br /> 具体的な課題、第2位は「汚染物の廃棄場所」第1位は「処理・運搬コスト」に