業務の法的根拠

規制改革通知に関するQ&A集からの一部抜粋

(平成17年3月25日付け環廃産発第050325002 号環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課長通知)

平成17年7月4日

環境省廃棄物・リサイクル対策部 産業廃棄物課

houreiLine

産業廃棄物処理施設に該当しないものとして扱う条件

1.既設水処理工程の一装置として組み込まれていること

2.脱水後の処理水が直接放流されないこと

3.水処理施設と一体的に運転管理されていること

当社はこれらの条件を満たした現場に対して水処理を行っております。合わせて以下の法令関連ページもご覧ください。

法令関連リンク

■ 3Rイニシアティブ
■ 廃棄物・リサイクル対策
■ 平成17年3月25日付け環廃産発第050325002号
■ 規制改革通知に関するQ&A集(平成17年3月25日付け環廃産発第050325002号)